MacBook ProによるMac入門
Mac初心者によるインテルMac(MacBook Pro)を使用した基本操作などを紹介
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファイル操作(圧縮ファイルの作成)
[Mac入門編]

ファイルやフォルダの圧縮方法(アーカイブ)の紹介です。
圧縮とはデータの意味を保ったまま、容量を削減します。データのバックアップコピーを作成したり、インターネット経由で情報を送信したりするのに便利な形式です。前回紹介したイメージファイルと似ていますが、こちらは容量が削減されるのが特徴となります。
Mac OSでは標準でZip形式(名前に拡張子が「.zip」)の圧縮ファイル作成が可能となっています。

以下に作成方法を示します。

[圧縮ファイルの作成方法]
  1. 「Finder」などで圧縮したいファイルやフォルダを選択。
  2. メニューバーから[ファイル]>[xxxのアーカイブを作成]を選択。
  3. (注)xxxは選択したファイルやフォルダ名となる。

作成された圧縮ファイルのアイコン。
ダプルクリックすると圧縮解除され、元のファイルやフォルダがコピーとして作成される。
zip01


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://macpro.blog68.fc2.com/tb.php/39-1f09ba4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。