MacBook ProによるMac入門
Mac初心者によるインテルMac(MacBook Pro)を使用した基本操作などを紹介
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Safariの環境設定(上手な使い方)
[Mac入門編]

Safari(ブラウザ)の使用方法の紹介です。
Mac OS付属のSafari(ブラウザ)は高機能ですが初期設定で有効となっていない部分などがあります。今回は必ず有効としたい設定と「RSS」の使用方法をまとめて見ました。

[有効にしたい設定]
・ダブ・ブラウズ機能
・ステータスバーの表示

※RSSとは
Webサイトの各ページの見出しや要約など更新状況をまとめたWebページ。RSSに対応しているページであればSafariで一定期間ごとに更新状況のチェックが可能。

以下に環境設定方法を示します。

  1. ダブ・ブラウズの設定
  2. メニューバーより[Safari]>[環境設定]を選択。
    以下の画面上部で「タブ」を選択。「タブ・ブラウズを有効にする」にチェックを入れます。使用方法は画面内の説明で確認できます。
    safari02

    タブを有効にした状態。
    safari03
    タブを使用すると、新しいウインドでページを開かなくて良くなり1つのブラウザ内で複数のページを開いたままにできます。画面がゴチャゴチャしなくなり便利になります。

  3. ステータスバーの表示
  4. メニューバーより[表示]>[ステータスバーを表示]を選択。
    ブラスザの下部にステータスバーが表示されます。
    safari01
    ステータスバーを表示するとリンク先のURLやページ表示中の進行状況などが表示されます。

  5. RSSの使用方法
  6. RSS対応ページはURL欄の右隅に[RSS]の文字が表示されます。
    safari03

    [RSS]箇所をクリックするとRSSページを表示できます。再度クリックで元に戻ります。
    safari04
    RSSで表示したページをブックマークすることで自動で更新状況を取得できます。記事が更新されるとブックマークの末尾に新着記事の件数が表示「ブックマーク名(件数)」されます。

    RSS関連の設定はメニューバーより[Safari]>[環境設定]で設定可能。
    safari05

    <RSSの使用例>
    このブログもRSSに対応しています。画面右フレームの[RSSフィード]にURLがリンクされています。このリンクをブックマークしておけば毎回実際のページを確認しなくても自動取得されたRSS ページを確認して更新状況が把握できます。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://macpro.blog68.fc2.com/tb.php/32-57fd6812
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。