MacBook ProによるMac入門
Mac初心者によるインテルMac(MacBook Pro)を使用した基本操作などを紹介
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジャストフィットなケース発見
以前にMacBook Pro用のPCケースの記事を掲載しましたが、雑誌を読んでいて専用ケースを発見しましたので紹介します。

MacBook Pro 15インチの専用(MacBook用もあり)でジャストフィット設計となっています。ちょっと値段(7980円)が高いですが材質やデザインなども良さそうなので、ちょっと欲しくなりました(できれば実物見てみたい)。
詳細はこちらを参照してください。
(Carryingcase.net + LAGASHA コラボレート インナーケース)

なかなかジャストフィットのケースがありませんので貴重品かも?

【販売元】
MJSOFTオンラインショップ
 (ケース以外もMacBook用アイテムあり)

スポンサーサイト
デジカメから写真を読み込む
[Mac入門編]

デジカメ写真をMacに取り込む方法を紹介します。
取り込み方法は以下の方法で可能です。何種類かありますので用途に応じて使い分けられます。
1)「iPhoto」で取り込む
2)「イメージキャプチャ」で取り込む
3)「Finder」でコピーする

Macの初期設定ではデジカメをMacに接続(USB接続)すると自動的に1)の「iPhoto」が起動して読み込み画面が現れます。ちなみに私はSonyのDSC-T30を使用しており、専用ソフトなどをインストールせずにUSB接続で認識できます(これが普通かな?)。デジカメを接続したときに自動起動させるアプリケーションは設置変更が可能となっておりカスタマイズできます。

以下にポイントと使用方法をまとめましたので、参考にしてください。
[デジカメから写真を読み込む]の続きを読む
スピーチでテキストを読み上げる
[Mac入門編]

スピーチ機能の紹介です。
「スピーチ」機能を使用すると、テキスト文章を音声で読み上げることが可能となります。

これはユ二バーサルアクセス機能として提供されているようです。ただし、この機能は英文のみしか対応していません。しかし、ちょっと工夫してローマ字入力で日本語文章を記載すると日本語もどきで読み上げ(発音はまねできない)が可能となります。
ちょっと面白いので興味のある方は試してみてください。

以下の操作で試すことが可能です。
1)Finderで、アプリケーション>テキストエディット
  を起動する。
2)例えば「こんにちは」をローマ字で「konnitiwa」と
  入力してみます。
3)メニュバーの[編集]>[スピーチ]>[読み上げを開始]を実行。
4)音声は[システム環境設定]の[スピーチ]で変更できます。

[補足]
この機能はコマンドやApplScriptなどで動作させることができるようなので、自作のプログラム(Dashboardなども可)などに組み込み音声を発するプログラム作成が可能となるようです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。