MacBook ProによるMac入門
Mac初心者によるインテルMac(MacBook Pro)を使用した基本操作などを紹介
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BootCampベータ版の使用期限
私もまだ使用しているBootCampベータ版の気になる使用期限ですが、

「ライセンス有効期間は、AppleがBoot Campの正式版をリリースするまで、または9月30日までのいずれか早い方」
となっています。

当然ですが、現時点では既に有効期限は過ぎています。
有効期限が切れた場合の実際の動作ですが「Boot Camp Assistant」が動作しなくなると述べられています。インストール済みのWindows環境は期限をすぎても動作はするようです。(私の環境も現時点では動作に問題なし)

ただし「Boot Camp Assistant」が動作しなくなるとWindows環境の削除が実施できなくなってしまいます。私もですが「Leopard」に updateしない方は早めに代替え手段を検討した方が良さそうです。

※「Boot Camp Assistant」の動作ですが、Appleの掲示板で来年になると起動しなくなるとの情報が書込まれていました。(既にベータ版の掲示板も参照不可になってますが。。。)

選択肢として以下の仮想化ソフトウェアの導入も要検討です。
Parallels Desktop 3.0 For Mac (その場で500円割引き)
VMware Fusion 英語版

使用期限についてはこちらを参照。

【関連URL】
アクト・ツー(VMware Fusion販売元)
プロトン(Parallels販売元)

[BootCampベータ版の使用期限]の続きを読む
スポンサーサイト
BootCamp1.3ベータ版の導入
報告が遅くなりましたが、Boot Campパブリックベータ版が1.3にアップデートされていましたので、導入しました。
Lepordの販売が決定したので、ベータ版はこれが最終版となります。既にHPは参照不可でダウンロードも出来ない状態です。
こうなると、いつまで使用できるか気になりますが。。。

[Boot Camp 1.3ベータの主な変更点]
・Apple Remote
・グラフィックドライバ
・BootCampドライバインストーラ
・各国キーボードへの対応
・MacBook Proのキーボードバックライト

以下に動作結果を示します。

[BootCamp1.3ベータ版の導入]の続きを読む
BootCamp 1.2ベータ版の導入
以前のアップデート版の公開記事から報告遅くなりましたが、BootCamp 1.2ベータ版の導入を自マシンに行いました。

私の場合はBootCamp 1.1.2から1.2へのアップデートです。
アップデート作業は1.1.2の時に実施した内容と同様となります。(以前の記事はこちら)。

アップデートの結果ですが、気になっていたキー入力の不具合が発生しています。他のドライバは問題なく動作していますが。。。(キー入力は1.1.2で改善されていたのに。。。)

以下に動作確認結果を示します。
[BootCamp 1.2ベータ版の導入]の続きを読む
BootCamp 1.2ベータ版が公開
本日BootCampのページを確認したところ、Boot Campパブリックベータ版が1.2にアップデートされていました。数日前にupされていたようです(いつかは不明)。

[Boot Camp 1.2ベータの主な特長]

・Windows Vista(32ビット版)に対応
・Apple Remoteに対応
 (iTunes、Windows Media Playerを操作)
・Appleソフトウェア・アップデート
 (Windows XP、Vista対応)
など、詳細はこちらを参照


1.2ベータについては、アップルのDiscussion Boards(Boot Camp Betaを選択)を見ると幾つか不具合らしきものも報告されているようです。様子を見て私のマシンもアップデートしたいと思っています。
アップデートしたら結果を報告します。

BootCampでウィルスチェックソフトの導入
BootCampを使用したWindows環境にフリーのウィルスチェックソフトを導入しました。
メインの使用OSはMacのため、win環境はできるだけお金を掛けたくないので無料のアンチウィルスソフトを選択しました。Macでウィルスってあまり気になりませんがWinはやはり気になりますね。
今回は「avast! 4 Home Edition」を導入しました。

フリーのウィルスチェックソフトは探してみると結構沢山あったのですが、日本語対応されていて分かりやすそうなので、このソフトを選びました(他はほとんど英語版)。機能も豊富で常駐保護、ウィルス定義の自動アップデートなど充実しています。ウィルスチェックの精度はよく分かりませんが使い勝手が良さそうなので、しばらく使ってみようと思ってます。(今のところ動作には問題なしです)

【ダウンロード先】
avast! 4 Home Edition Download
 (Japanese versionをダウンロードする)

注)avast! Home Edition は、家庭での非営利使用にのみ無料。試用期間は60日ですが、無料登録ページで個人情報を登録すると、1年間フルに利用可能。1年が過ぎたら、新しいライセンスキーを再取得で継続使用可能。

【参考URL】
http://ringonoki.net/tool/antiv/1-antiv.html

<補足>
mac版のウィルスチェックソフトもありますが、以下は有償です。
Symantec Norton AntiVirus for Macintosh 10.0
VirusBarrier X4 for MacOS X 日本語版

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。