MacBook ProによるMac入門
Mac初心者によるインテルMac(MacBook Pro)を使用した基本操作などを紹介
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仮想化ソフトウェア
私が使用していたBootCampベータ版はLeopardの販売に伴い使用不可となったため、新たにMacでのWindows環境を仮想化ソフトウェア(Mac OS上でWindowsなど複数のOSを実行可能)により実現することにしました。

できればBootCampでWin環境を構築したかったのですが、私はまだMac OS X 10.4の環境のため、フリーソフトである「VirtualBox」を選択。特に問題もなくWindowsが動作可能となりました。VirtualBoxは、現在ベータ版で完成度は低いですが無償で使用できるのはありがたいですね。

別途、使用感や設定方法等は紹介したいと思っています。

MacでWindowsを実行するには以下の選択肢があります。
[仮想化ソフトウェア]
製品価格特徴
Parallels Desktop15,540円Macとの連携機能が豊富。インテルMacで最初に登場した仮想化ソフト(熟成されてます)。
VMware Fusion13,800円仮想化ソフトの老舗製品。対応OSは豊富。
VirtualBox無償(フリー)現在ベータ版(正式版になっても無償)。日本語化されているが設定など難易度が高く上級者向け。VirtualBoxについてはこちらを参照。

[Windows互換レイヤー]
製品価格特徴
CrossOver Mac11,550円Windowsアプリケーションをネイティブに動作させるための互換レイヤーソフト。Windows OSは不要。

[Windowsを直接動作]
製品価格特徴
Mac OS X 10.5(Leopard)付属のBootCampLeopardに標準添付Windowsをネイティブに動作可能(仮想的ではなく直接Windowsを動作可能)。

【関連URL】
アクト・ツー(VMware Fusion販売元)
プロトン(Parallels販売元)
ネットジャパン(CrossOver Mac販売元)

スポンサーサイト
ExpressCardのカードリーダー/ライター購入
おすすめ度:★★★★☆

以前に紹介した、ExpressCard(エクスプレスカード)のカードリーダー/ライターを購入しました。

地元の電気店で購入しましたが在庫がなく取り寄せで購入。Amazonの方が安かった。。。
使用した印象ですが、カードはコンパクトで本体にピッタリ収まります。メモリーカード装着時はカード部分は出っ張りますが邪魔になるほどではありません。ドライバも不要で装着後すぐに使用可能です。

注意点としてはメモリーカードを読み書きする場合はExpressCardにメモリカードを装着後にPC本体のカードスロットに装着する必要があります。(PC本体にExpressCardを装着したままでは不可)

高速、コンパクト、値段もお手頃でExpressCardスロットも有効活用できるのでお勧め商品です。

ExpressC1ExpressC2
パッケージと本体。

ExpressC3
カード本体をExpressCardスロットに装着したところ。
ピッタリ収まってます。

ExpressC4ExpressC5
SDカードを装着して使用した時はこんな感じ。
メモリーカード部分は全ては収まりません。

【参考URL】
GREEN HOUSE GH-EX25AD
Amazon カードリーダ/ライタ GH-EX25AD

Macで確定申告(e-Tax)
確定申告の時期となりました。
今回はe-Tax(国税電子申告・納税システム)を使用した確定申告について、Macでの実施内容の紹介です。
私も今回初めての実施となり現在、事前準備を完了し申請を残すのみとなっています。
※申告期限:3月17日(月)まで(時間が迫ってます。。。)

以下、簡単ですが事前準備状況です。(詳細はe-Tax参照)
・住民基本台帳カード(ICカード)入手:済み
・ICカードリーダライタの購入:済み
・e-Taxでの事前設定:済み
・申請書の送付:未
※追記:3/14に無事申請完了しました。

まずは気になるMacでの対応状況ですが、問題なく対応しており実施可能となっていました。対応状況はこちら参照。(ちょっとHPは対応状況が分かりずりですが。。。)

事前準備で気になった点はMac対応のICカードリーダライタが少ないこと、地元のショップでは売っていませんでした。結局通販購入(SCR3310を購入)となりました。
あとシステム使用時の注意点ですがPDF環境はMac標準の環境では動作しません、Adobe Readerのインストールが必要となります。利用環境には記載がありますがインストールしないと画面が崩れます、私は見落としたので参考まで。

準備まで面倒な手順はありますが大きな問題なく完了です。あとは期限までに申請できればですが。。。
ic-cardr1購入したICカードリーダライタ

ic-card2Macと接続した状態(USB)

【参考URL】
e-Tax(国税電子申告・納税システム)
Macで申請する場合に参考にしたサイト
ICカードリーダライタ(NTT-ME SCR3310-NTTCom)

新型MacBook Pro発表!!
新型おすすめ度:★★★★☆

2008年2月26日アップルより最新のIntel Core 2 Duoプロセッサを搭載したMacBook Proが発表されました。

大きな変更点は最新のIntel Core 2 Duo対応、iPod touch、MacBook AirのマルチトラックテクノロジーをMacBook Proでも採用、大容量のハードディスクドライブとなっています。値段も1万円安くなり、更にお勧め度もアップです。

私の初代のマシンはどんどん古くなって行きますが。。。

<最下位モデルでの比較(変更点)>
MacBook Pro 15インチ(新型)旧型
価格249,800円259,800円
CPU2.5GHz Core 2 Duo2.2GHz Core 2 Duo
メモリ変更なし2GB
HD Disk200GB120GB
グラフィックスVRAMが128Mから256MにNVIDIA GeForce 8600M GT
ワイヤレス変更なし802.11n対応
トラックパッドマルチタッチ対応マルチタッチ未対応
拡張性変更なし

【参考URL】
アップル ホットニュース
アップル MacBook Pro 詳細
Amazon MacBook Pro(MB133J/A)

Mac版フリーのウィルスチェックソフト
Macに対応したフリーのウィルスチェックソフトの紹介です。
camxav

「ClamXav」というMac OS X対応のウィルスチェックソフトがフリーで提供されています。(ClamXav 1.1.0はLeopardにも対応)

MacOS X Server (Tiger) には標準でインストールされており信頼性の高いソフトの様です。日本語にも対応していますの安心して使用できます。

私もインストールして見ましたが導入・設定も難しくありませんのでウィルスチェックソフトを導入していない人は一度使用してみる事をお勧めします。
Macでフリーのウィルスチェックソフトは殆ど無いので無料となると選択肢は他にないかもしれませんね。

[参考URL]
ダウンロードから導入・起動までの手順
MacWiki-ClamXav

<参考:有償製品だと以下の製品があります>
 Norton AntiVirus for Macintosh Ver.11.0
 VirusBarrier X4 for MacOS X 日本語版

以下に常時監視の設定方法を示します。
[Mac版フリーのウィルスチェックソフト]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。